読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mahoyaya’s diary

主に自分用メモです

CentOSでsambaのホームディレクトリ共有が出来ない

(引っ越し)はまっためも
 
OS:
CentOS6.5
 
サービス:
sambaによるファイル共有

事象:
CentOSsambaを動作させ、ホームディレクトリの共有設定を"正しく"行ったが、Windowsからアクセスしてみると「アクセス許可がありません」となり、アクセスできない。
 
原因:
CentOSはデフォルトでSELinuxが動作しており、SELinux動作環境下では一般的な共有設定のみでホームディレクトリを公開することはできない。
つまり、CentOSに限らず、SELinuxが動作していると同様の事象が発生する可能性がある。
 
回避策:
まずは状態確認をする。
以下のコマンドでSELinuxの状態を確認
※ getsebool -aで全ての設定が確認できます。長いので、grepかlessを推奨 :2015/05/14 追記
# getsebool samba_enable_home_dirs
samba_enable_home_dirs --> off
offになっていた場合はSELinuxによる規制が働いています。
 
規制を解除するには以下のコマンドでSELinuxの設定変更を行う。
※少し時間がかかります
 -Pを外す事で一時的な設定になります :2015/05/14 追記
# setsebool -P samba_enable_home_dirs 1
 
変更後の設定確認
# getsebool samba_enable_home_dirs
samba_enable_home_dirs --> on
 
これでダメな場合は、根本的に共有の設定が足りていないと思われる。
 
そもそも表示されない場合は、WindowsFirewallでNET BIOS系のポートが規制されているかもしれません。
 
以上